経鼻的持続陽圧呼吸療法

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome;SAS)は、睡眠中に呼吸が浅くなったり、止まってしまう病気です。 その結果、日中の眠気・集中力の低下につながり、居眠り運転で事故を起こすといったニュースも最近よく耳にするようになりました。 家族から「寝ている間のイビキや、呼吸が止まっている時があるよ」と言われたことはないでしょうか? 睡眠時無呼吸症候群は医療機関での診断の後に、CPAPという装置を使用して治療することが出来ます。睡眠中、鼻にマスクを装着し、CPAP装置から空気を送り込むことで気道の閉塞を防ぐ治療法です。 患者さまが、質の良い快適な眠りを過ごされるよう、株式会社ババはサポートしていきます。

Portfolio
Portfolio
Portfolio

CPAP装置

睡眠時無呼吸症候群の治療に対する有効性と副作用のない治療法として、CPAP療法が最も広く普及されています。CPAP装置からマスクを介して送気を行う事で、睡眠時無呼吸症候群の原因である上気道の閉塞を防ぎ、睡眠中の呼吸を正常に戻します。

睡眠検査装置

睡眠時無呼吸症候群の検査はご自宅で行う簡易簡易検査、医療機関で行う確定検査があります。睡眠中の呼吸状態を測定するとともに、確定検査では脳波をはじとする様々な検査項目より、睡眠時無呼吸症候群の有無や睡眠の質の検査に用いられます。

株式会社ババへオンラインでの お問い合せはこちら